40歳になったらジャズを聴こう

ブルー・ミッチェルのブルーズ・ムーズはウィントン・ケリーの宝石のように美しいピアノと、サムジョーンズの勢いのあるベースを堪能できる名作

初心者におすすめのジャズ
ブルーミッチェル ブルースムーズ

Blue’s Moods

Blue Mitchell

ブルー・ミッチェルという人はそこまで有名なジャズミュージシャンではなく、脇役的なポジションで渋い活躍をしてきた人です。

大抵のアルバムがそうであるように、このアルバムも1曲目にキラーチューンが配置されています。

それもとっておきのキラーチューン「I’ll Close My Eyes」。

ウィントン・ケリーの宝石のように美しいキラキラしたピアノイントロからはじまるこの曲は、数多くのジャズファンをノックアウトしてきました。

ブルー・ミッチェルのトランペットはまっすぐで、さわやかで、技巧に走らず綺麗なメロディーを紡ぎます。

そこにセンスの塊であるウィントン・ケリーのピアノが絡んでくるもんだから、聴くたびにぼくは「ジャズっていいなあ」と、小さな幸福感に浸るのです。サム・ジョーンズのベースも実にいい。

ジャズ通であるタモリさんも、自身が選ぶジャズアルバムべスト20の中にこれを入れていました。

コルトレーンのような深い精神性はない。

モンクのような突出した個性もない。

マイルスのような革新性もない。

しかし、ジャズの美しさや楽しさが、このアルバムにはぎっちりと詰まっているのだ。

Blue's Moods

Blue’s Moods OJC-138 (RLP-9336)

  • Blue Mitchell(tp)
  • Wynton Kelly(p)
  • Sam Jones(b)
  • Roy Brooks(ds)
Pocket

PAGE
TOP