40歳になったらジャズを聴こう

アートブレイキー ”バードランドの夜 Vol.1”はピー・ウィー・マーケットの甲高い声が熱狂へと誘う、1954年のバードランドで繰り広げられた伝説のジャズライブ録音

初心者におすすめのジャズ
アートブレイキー・バードランドの夜

A Night At Birdland Vol.1

Art Blakey Quintet

これがジャズだ!

と、よく言われるアルバムがこれです。ハードバップ時代の幕開けとなる1954年のライブ録音。バードランドというジャズクラブで繰り広げられた、熱くて熱くてとにかく熱い、伝説の名演を聴くことができます。

アルバム冒頭、メンバー紹介をするMCピー・ウィー・マーケットの甲高い声からはじまるんだけど、この声が良いんですよね。観客とミュージシャンのボルテージをぐっ上げる、まさに名ナレーション。

ちなみにピー・ウィー・マーケットは小人症で身長が120cmほどしかなく、クラブに出演するミュージシャンたちに、しつこくチップをせびることで有名だったらしい。

チップを払わないミュージシャンを紹介する時は、わざと名前を間違えたりしたんだって。くせ者揃いのジャズマン相手に、ようやりますわ。

そんな彼の冒頭のナレーションは「Announcement by Pee Wee Marquette」というタイトルで、1曲目としてクレジットされています。メンバー紹介のナレーションが「曲」になるなんて、ジャズを感じるじゃあないですか。

それに続く2曲目「Split Kick」は本当にカッコよくて、ジャズに目覚めた当時のぼくは、この曲を何度も何度も聴きました。

クラブの熱気、ミュージシャンたちのほとばしるエネルギーが、スピーカーからびんびん伝わってくるんです。

そしてわずか26歳で亡くなる悲運の天才トランペッター、クリフォード・ブラウンのソロがとにかく素晴らしい。はじめて聴いた人は、ちょっと涙が出るかもしれません。

A NIGHT AT BIRDLAND GXF3003(M)
アートブレイキー・バードランドの夜のライナーノーツ

A Night At Birdland Vol.1 GXF3003(M)

  • Art Blakey(ds)
  • Clifford Brown(tp)
  • Lou Donaldson(as)
  • Horace Silver(p)
  • Curly Russell(b)
Pocket

PAGE
TOP