40歳になったらジャズを聴こう

マイルス・デイビスによるマラソンセッション4部作の最高傑作リラクシンはジャズの楽しさが伝わってくる名盤

初心者におすすめのジャズ
マイルスデイビス・リラクシン

Relaxin’ With The Miles Davis Quintet

Miles Davis

リラクシンは多分、ぼくがこれまでに一番再生した回数の多いレコードです。

全曲すばらしいけど、なんといっても1曲目の「If I Were A Bell」が良いのです。ぜひレコードかCDを買って繰り返し聴いてみてください。きっとジャズの楽しさ、素晴らしさがわかってくると思うから。

そう、リラクシンは楽しい。カインド・オブ・ブルーの暗さ・重さとは対照的に、明るくて軽やかなんです。初心者はカインド・オブ・ブルーなんて聴いたら絶対にダメですよ。リラクシンを聴きましょう。

1曲目の「If I Were A Bell」は、最初の1音から最後の1音まで完璧で、この演奏の中にムダな音なんてひとつもないし、もちろん足りない音もない。小学校のチャイムのようなイントロを聴くたび、ぼくは心が踊ります。

この曲を最高にしているのは、ポール・チェンバースのよく歌うベースと、センスの良さをこれでもかと見せつけるレッド・ガーランドのピアノです。ぜひ、ベースとピアノの音に注目して聴いてみてください。

ぼくは「ウォーキングベースこそがジャズだ」と考えていて、この曲ではポール・チェンバースによる至高のウォーキングベースを堪能することができます。ちなみにウォーキングベースというのは、一定のリズムでボン、ボン、ボン、ボンと4ビートで鳴らすベースのことです。

そしてレッド・ガーランドのピアノがこの曲の(というかこのアルバムの)雰囲気を決定づけていて、マイルスのソロの途中に「ピン」と差し込んでくる、たったひとつの音に「この人はとてもセンスがいいなあ」と唸ってしまいます。00:44〜00:46でさらっと入れてくるレッド・ガーランドのアドリブなんて最高ですよね。

この時期の、ゴツゴツとしたジョン・コルトレーンの演奏も、ぼくは好きです。

当時はヘタクソだと言われたそうですが、人とは違うやり方で「自分だけのオリジナルな音と演奏」を追及しているのがわかります。音楽は上手いとか下手とかじゃないんです。心に響くかどうかです。

静のマイルス、動のコルトレーン、この2人の対比が、リラクシンの大きな魅力のひとつになっています。

リラクシンはジャズ初心者にうってつけのキャッチーなジャズアルバムだし、何度聴いても飽きない名盤です。

このアルバムが録音されたのは1955年、マイルスが30歳の時です。彼は死の直前、この時期に録音した演奏を「今でも誇りに思う」と言い残しています。その事実を知った時、ぼくはとてもうれしかったです。

【参考記事】“無名だった”1955年のマイルス・デイヴィスと、2回のセッションを収録した傑作『Relaxin’ With The Miles Davis Quintet』

リラクシン SMJ -6352(M)

Relaxin’ SMJ-6532(M)

  • Miles Davis(tp)
  • John Coltrane(ts)
  • Red Garland(p)
  • Paul Chambers(b)
  • Philly Joe Jones(ds)
Pocket

PAGE
TOP